教育職を目指すならやっておきたいバイト3選

集団教育に慣れるための塾講師

教育職を目指す上ではそのためのトレーニングをバイトを通して行っておくと現場に行ってからが有利です。一般的な教育現場は集団教育であることから、その基本となるのは塾講師で講義のバイトをするということでしょう。教育の目的が多少違っているとはいえ、学校教育において必要となる知識を伝授するのが勤めとなることから考え方も似ています。その仕事経験が直接教育職に就いたときに生かせるという意味でもできるだけ経験をしておくと良いのが塾講師です。

生徒を見る目を養う家庭教師

学校での教育においては集団教育をする授業がある一方で、個人を相手にフォローアップもして行くことが必要になります。生徒一人一人に個性があるため、その優れているところや劣ってしまっているところを見て適切に対応していくことが大切です。その目を養えるバイトとして家庭教師が有用なものです。常に一人の生徒を見続けることになり、どういった面があるのかというのをよく見てあげるためのトレーニングには最適なものなのです。

オフィスに通える事務仕事のアルバイト

教育職に就くからといって相手にしなければならないのは生徒だけではありません。職場には必ず同僚がいて上司がいるということに違いはないのです。そのため、そういった人間関係の中でうまくやっていくための社会経験であればどれも役に立つと考えても良いでしょう。しかし、その中でもオフィスの中で事務仕事ができるアルバイトが効果的です。教育職はもとは公務員の仕事であったこともあって形式張った書類作成が多く、その処理に慣れていることは実務上とても役に立つのです。

短期バイトを希望している方は販売の求人を中心に探すことをおすすめします。販売業は短期でも多くの募集を行っているので仕事を見つけやすいのが特徴です。