女性がSEとして働くにはどうする?技術職の宿命

技術職者は代替がきかない

IT業界で働くエンジニアの大多数は男性であり、女性にとっては門戸が狭いかのように感じられてしまうでしょう。しかし、実際にはシステム上そうなっているのではなく、女性には参入しづらい状況があるのです。SEを代表とするエンジニアはその技術職者として誰もが特化した能力を持っています。そのため、ある人が行っていた仕事を他の人が引き継ぐというのが難しく代替がきかないという特性があるのです。そのため、出産等によって一時的にでも職場を離れなければならない女性にとって働きづらくなっているのです。

代替がきかないことの裏返し

代替がきかないということは裏を返せば誰もがその個性によって活躍できる可能性があるということを意味しています。したがって、SEの職場は男性のものというわけではなく、女性も参入することで活躍できる場所なのです。職場を離れられないということを自分自身や会社側が懸念してしまうと職を得るのは難しくなってしまいますが、男女の平等が唱えられる今日では雇用者側からの要請は減ってきています。女性側がSEとして活躍したいと考えれば実現できるようになってきているのです。

女性がSEとして活躍できるかはやる気次第

SEとしてIT業界の最前線で働くことのもう一つの障害は体力的な問題です。世界の最先端での開発競争の最中におかれているのがシステム開発の現場であり、休まず頭を悩ませ続けて新しいシステムの発想を絞り出さなければならないのがSEです。連日の残業や土日出勤が当然となる時期もあり、そういったところで体力勝負になる場合があります。その点で女性が不利と考えられがちですが、体力溢れる女性も多いのが事実です。最終的に決め手になるのはやる気であり、それさえあればSEとして活躍する道が開けるでしょう。

施工管理技士は現在では、とても人気の高い職業で、多くの人が施工管理をするための資格の取得や求人検索をしています。