求人数も多い保育士の資格はどうやったら取得できるのか?

指定の養成機関ってどこ?

国(厚生労働大臣)が指定する保育士養成施設に通い、必要な単位を取得すると試験なしでも保育士免許を取得できるのです。全日制の大学・短大・専門学校で2年間、夜間や通信制では3年間の養成課程を修了する事が条件となっており、学生で進路として活用する場合には最適なコースと言えます。卒業する事も条件に含まれていますので養成過程だけ修了して中途退学しても意味がありませんので注意が必要です。女性が多い職場ですが子供相手の仕事は力仕事も多いので男性が増える事を望みます。

既卒者でも資格は取得できるのか?

都道府県知事が主催する年1回の試験に合格すれば免許が取得できますが誰でもOKの試験ではなく条件として学部学科に関係なく2年以上大学に在籍し62単位以上取得している者(中退・見込みも含む)・児童福祉施設での実務経験を高卒者で2年以上、中卒者で5年以上有する(無認可保育所は対象外で、月20日以上勤務)・一定期間以前迄に高校を卒業した者など基準が設けられています。卒業や単位取得見込みで合格しても出来ない場合は合格取り消しになり注意が必要です。

幼稚園教諭と保育士の違いって?

管轄が違っていて保育士は厚生労働省ですが、幼稚園教諭は文部科学省の管轄になります。勤務先も違いますが、平成31年まで特例措置があり保育士の資格を有していて指定条件をクリアしていれば幼稚園教諭免許を取得できます。保育士として該当施設で3年以上の実務経験を積み、認定試験に合格して二種免許を取得できます。幼稚園免許は養成過程(教職課程)を修了していないと取得できないので幼稚園教諭か保育士か迷っているのなら、自身のキャリアアップを考えてからでも遅くはありません。

保育士の求人なら東京が最適な理由は、たくさんの保育園が存在しているからです。そのために、シフトや給与など、自分の希望に合う保育園を選ぶことができます。また、正職員やパートなど、好みの労働形態を重点的に探すことも可能です。